2022年2月15日 ATP・迅速検査研究会 第45回定例講演会 (会場聴講&WEBライブ聴講) HACCP制度化で現場の衛生管理はどう進化すべきか?

【日程】 2022(令和4年)2月15日(火)

【会場】 月島社会教育会館 (〒104-0052 東京都中央区月島4-1-1、月島区民センター)
  https://chuo-shakyo.shopro.co.jp/tsukishima

【定員】 会場100名 WEB(ZOOM)視聴定員 100名

【受講費】 賛助会員企業・法人会員企業 1,000円、一般 3,000円 (※要事前登録当日受付)

【お申し込み方法】
 以下の7項目をATP迅速検査研究会事務局< info@atp-jinsokukensa.com >へお知らせください。
 1.住所、 2.氏名、 3.所属、 4.E-mail、 5.電話番号、 6.会場聴講/ウェブ聴講の別 7.会員/非会員の別(機能水研究振興財団関係者は会員扱いとなります)

【申し込み締め切り】 2月11日(金)

【プログラム(予定)】               
 ※諸事情により変更になる可能性があることをご了承ください。

12:00~13:00受付・展示  ※会場ロビーで迅速検査関連の展示を行います。3密を避けてご覧ください。 ※受付スタッフにお名刺を1枚お渡しください。
13:00~13:10 (10分)開会のご挨拶 ATP・迅速検査研究会 会長 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)食品研究部門 川﨑 晋 先生
13:10~14:00 (50分)基調講演 「微生物検査の基礎知識~現場でよくあるQ&A~」 ATP・迅速検査研究会 副会長 一般財団法人 東京顕微鏡院 食と環境の科学センター 森 哲也 先生
14:00~14:45 (45分)講演1 「食品施設におけるHACCP運用~適切で効果的な洗浄殺菌のために~ 〈電解水とATP拭き取り検査の活用〉  一般社団法人日本電解水協会 ホシザキ株式会社 営業本部 金盛 幹昌 先生
14:45~14:55 (10分)賛助会員企業によるプレゼンテーション キッコーマンバイオケミファ株式会社
14:55~15:10 (15分)休憩・展示
15:10~15:55 (45分)講演2 「HACCPの義務化によって監視・指導のあり方はどう進化すべきか?」  公益社団法人日本食品衛生協会 常務理事  加地 祥文 先生 元 厚生労働省 生活衛生局監視安全課長
15:55~16:40 (45分)講演3 「次亜塩素酸水とは何か:その科学、製造技術,使用技術,法的位置に関する基礎知識」 一般財団法人機能水研究振興財団 理事長 堀田 国元先生
16:40~16:45 (5分)閉会のご挨拶  

【会場での感染対策について】

 会場内では新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防にご協力をお願いします。
 ・受付時の検温ならびに手指消毒にご協力ください。
 ・検温の結果、37.5度以上の場合は、参加をご遠慮いただく場合があります。

【会場アクセス】

・地下鉄 月島駅10番出口(都営大江戸線、東京メトロ有楽町線)
・都バス 月島三丁目
・江戸バス(コミュニティバス) 月島区民センター

Copyright ©<食品保健科学情報交流協議会>All Rights Reserved.